CS開催準備や新弾発売で解説記事サボってたのでまとめて書きます!笑


1/15(日)

参加者15人 スイスドロー1本先取(決勝戦のみ2本)

優勝  赤緑黒モルトNEXT@サノリさん

1484542069194


<赤緑黒モルトNEXT>



3 スクランブルチェンジ
4 メガ・マナ・ロックドラゴン
4 超戦龍覇モルトNEXT
4 ボルシャックドギラゴン
4 熱血提督ザークタイザー


多色

4 メンデルスゾーン
4 爆砕面ジョニーウォーカー
4 絶叫の悪魔龍イーヴィルヒート
4 蒼き団長ドギラゴン剣
4 偽りの王ヴィルヘルム


禁断

1 禁断 ~封印されしX~


超次元ゾーン

2 爆熱剣バトライ刃
1 闘将銀河城ハートバーン
1 銀河大剣ガイハート
1 覇闘将龍剣ガイオウバーン
1 将龍剣ガイアール
1 無敵剣プロトギガハート
1 熱血剣グリージーホーン



今だとちょっと珍しい<ボルシャックドギラゴン>入りのカウンター型のNEXTですね。

<フェアリーの火の子祭り>や<革命の鉄拳>が入っておらず、珍しい構築といった印象。

<スクランブルチェンジ>以外4投という綺麗なリストですね。



1/22(日)

参加者15人 スイスドロー1本先取(決勝戦のみ2本)

優勝  赤緑白グロウバスター@スイッチさん

1485828074609


<赤緑白グロウバスター>

自然

4 スナイプモスキート
4 冒険妖精ポレゴン
4 次元の霊峰




4 単騎連射マグナム


多色

4 無頼勇騎タイガ
4 風の1号 ハムカツマン剣
2 刀の3号 カツえもん剣
3 勇者の1号 ハムカツマン剣
4 二族 ンババ
2 一族 ミアダママ
1 若き日の族長 ヘンザ
4 蒼き団長 ドギラゴン剣



最近流行りだしたグロウバスター、グロウとは成長という意味、1コストから8コストの<蒼き団長ドギラゴン剣>に繋げていく様はまさに成長ですね。

デッキの主力カードを確実にサーチできる<次元の霊峰>がかなり万能カード。

3t目にドギラゴン剣が着地すれば返せるデッキは数少ないです。 これも要チェックのデッキです!





1/29(日) ファイナルメモリアルパック箱争奪

参加者31人 スイスドロー1本先取(決勝戦のみ2本)

優勝  赤緑青白カイザー刃鬼@CHIKENさん

C3T6jZ2VUAAvdxd

<赤緑青白カイザー刃鬼>


自然

4 ピクシーライフ
3 フェアリーライフ
4 獅子王の遺跡




3 ドンドン吸い込むナウ
1 斬隠 オロチ




2 不敗のダイハード・リュウセイ
1 勝利宣言 鬼丸「覇」


ゼロ

1 「修羅」の頂 VAN・ベートーベン
2 「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」

多色

3 フェアリー・シャワー
3 レインボー・スパーク
2 青寂の精霊龍カーネル
3 トップ・オブ・ロマネスク
1 龍仙ロマネスク
1 ボルバルザーク・エクス
3 蒼龍の大地
2 閃光のメテオライトリュウセイ
1 悠久を統べる者 フォーエバープリンセス




今回の箱争奪は刃鬼デッキが優勝! ちょうどファイナルメモリアルパックで<必勝の頂 カイザー刃鬼>と<不敗のダイハードリュウセイ>が再録してるので、作るなら今ですよ! 

従来の刃鬼ですと、ブースト圏に<超次元フェアリーホール>、妨害札に<パクリオ>などが入っていましたが、ブラックアウトで<獅子王の遺跡>が登場し、ビックマナの常識が変わったといっても過言ではありません。

今回の場合でも、獅子王の遺跡を最大限に生かす為に、単色のカードは必要最小限に抑え、19枚が多色となっています。

軽量ドラゴンの<トップオブロマネスク>や<青寂の精霊龍カーネル>は場に残りやすく、刃鬼着地後のダイハードの手助けになる点も見逃せません。

新殿堂後には大流行するかも? このデッキタイプも要チェックです!




・新殿堂について

1/29(日)のWHFにて、新殿堂レギュレーションが発表されました!


【プレミアム殿堂カード】 ※デッキに1枚も入れられないカード

奇跡の精霊ミルザム
天雷王機ジョバンニX世



【殿堂入りカード】 ※デッキに1枚しか入れられないカード

メガ・マナロック・ドラゴン
復讐ブラックサイコ
蛇手の親分ゴエモンキー
絶叫の悪魔龍イーヴィルヒート
常勝ディスオプティマス



【殿堂解除】 ※デッキに4枚まで入れられるカード

不滅の精霊パーフェクトギャラクシー


【プレミアム殿堂コンビ解除】 ※2枚ともセットで4枚入れられるコンビ

偽りの名ゾルゲ &  紅蓮の怒 鬼流院刃



各カード考察


・ミルザム

>>制限かかっても<クリスタルメモリー>から引っ張ってこれるのでリカバリーが効くのがダメだったのかもしれないですね。今までお疲れ様でした。


・ジョバンニ

>>まさかの一発プレ殿でした、、、このカードか<ドリルスコール>のどちらかが制限といった形だと思いましたが、デッキタイプ自体がダメだったという判断でしょうか。 かなり早い段階で決まってしまうロックコンボだったので禁止になるのは納得ですね。


・ブラックサイコ

>>クリーチャー版<スケルトンバイス>が弱い訳もなく、黒いコマンドも強化され続けると思う(?)ので、それを見越した制限ですかね。 これは予想してた方も多いんじゃないでしょうか。



・イーヴィルヒート

>>これは逆に予想外でした、剣デッキやデッドゾーンなどの核となるカードではありますが、収録弾が「ハムカツ団とドギラゴン剣」でまだ1年たってないはず・・・?です。 確かに新しい環境になった時に今だにドギラゴン剣が最強!だと不味いのでそれを危惧したのでしょうか。 モットツカイタカッター


・ディスオプティマス

>>やっとかかったか、という感じ。もともと存在していたオプティマスループですが、今の環境ですと<Dの花道 ズンドコ晴れ舞台>を展開しマナから出すので、D2フィールドが入っていないデッキでは対策することが非常に厳しいです。 とはいっても、<神秘の宝箱>で置けるのでまだまだリペアが現れそうではあります。



・ゴエモンキー

>>最近流行りの<ベイBジャック>を使ったループで用いられるカードですね。一時期の<邪帝遺跡ボアロパコス>を使うループと似ていますが、前者ではボアロパコスを使用せず、しかもループに入る速度が従来のサソリスループよりも早いのが特徴ですね。

私は、これより<S級原始サンマッド>を規制した方が良かったのでは・・・?と感じますが、これもまた環境で暴れれば制限になると思います。


・メガマナロックドラゴン

>>これも長い間暴れた非常に強力なカードですね。デッキの色が多ければ多いほど強力であり、その名の通りロックカードでもあります。2色デッキでも<フェアリーギフト>や<スクランブルチェンジ>などで早期に出す事も出来る為、腐る事が少ないカードでもあります。 

モルトNEXTやドギラゴン剣デッキに多く採用され、序盤をやり過ごす妨害札として、場合によっては1枚でゲームを決めてしまうのがやはり強力すぎたという所でしょうか。 



全体的に環境の核のカードが一気にかかったので大幅に環境が変わると考えられますね。


× デッキタイプ自体の再現が不可能

・天門ループ
・ジョバンニ


△ 大幅なデッキパワーの減少

・赤黒デッドゾーン
・赤黒ドルマゲドン
・青白緑オプティマスループ


○ 前ほどではないが若干のデッキパワーは落ちる

・赤緑黒ドギラゴン剣
・5Cドギラゴン剣
・モルトNEXT
・緑単サソリス


逆に成長バスターや青白ルネッサンス、刃鬼やジョリーザジョニーJoeのビックマナなど今回の制限でノータッチだったデッキタイプはこれから少しづつ増えていくと思います。


殿堂が来ると環境も一新してモチベが上がりますね! 早速紅蓮ゾルゲ組まなきゃ・・・